女性

個人再生にかかる費用を知っておこう|分割が可能

予防接種による集団感染

メンズ

給付には訴訟が必要

B型肝炎の給付金のことを知っていますか。これは集団予防接種の際に、注射器を使いまわしたことにより、B型肝炎ウイルスに感染した人に支払われる国からの賠償金のことになります。予防接種を受けた期間には生年月日などの条件があるので、しっかりと確認することが必要です。また、これらの集団予防接種により母親が感染した場合、それが原因で母子感染することもあります。その際にも給付金を受け取ることが出来ます。B型肝炎に感染すると、肝臓が炎症を起こし肝炎になります。その状態が継続すると、慢性肝炎の症状になり、やがて肝がんへと進行する可能性もある深刻な症状なのです。B型肝炎は症状が出にくく、感染していても気づかないことが多くあります。初期症状には、身体のだるさや食欲不振、吐き気が現れます。黄疸が現れることもあるので、気になる症状が出た場合は早めに検査するようにしましょう。これには、給付金には発症からの期間制限があるからです。発症後速やかに手続きすることで、給付金を満額受け取ることが出来ます。この給付金の手続きは、検査や書類を揃え、弁護士に間に入ってもらって訴訟を起こす必要があります。個人で訴訟を起こすことも可能ですが、手続きがかなり複雑なので弁護費用を支払って弁護士に代行してもらう方が、スムーズに請求できメリットも大きいのです。また、弁護士費用は国が一定金額を負担してくれることにもなっていますので、利用するようにしましょう。請求によって国から支払われる給付金は決められています。ただし弁護士費用は事務所によって異なり、給付金に対して10%前後となっています。